上野プレミアムサロン校・北千住校のブログ

中級3回目「二重太鼓」(北千住校)

2021年8月13日(金)

タカミです。
いやー、雨ですね。東京は降ったりやんだりの一日でした。
本日も北千住校の授業風景をお届けします。

中級生・3回目の授業、
「袋帯で二重太鼓(にじゅうだいこ)&重衿(かさねえり)」。

今回はフォーマルなお着物「訪問着」や「附下(つけさげ)」に合わせる帯結びが二重太鼓になります。まずは、お着物に重ね衿の付け方を習い、着物の準備から。

先生のていねいな手順の話しを聞きながら着物を着てゆきます。
さすが、中級生はスムーズに着物を着てゆきますね。

帯は騎座(きざ)の姿勢から。
こういう姿勢って着物を丁寧に着ているって感じがしてカッコいいですよね。

袋帯は名古屋帯より長いので、二重になるようにお太鼓を作ります。
二重にするのにも意味があります。
袋帯はお祝いの席で結ぶことが多いので、喜びが重なるようにとお太鼓を二重にするのです。

実は教室レンタルの着物はカジュアルな小紋のため、正確には帯との格は合っていませんが、そこはスルーしてください。

帯締めはフォーマル。裏側が金・銀などの平締め(ひらじめ)です。

最後に帯揚げを結んで


▲ちなみに、先生は帯を結んだ上から更に袋帯を結んでいます。

仕上げの微調整を一人ずつ先生に教えてもらい

完成!!!!!

重ね衿が華やかさを出していますね。

後ろ姿もばっちり!
やはり、初級生さんでやってているので、さらに着姿がパワーアップしていますね。

さらに、コーリンベルトの使い方も教わりました。
生徒の皆さんは、「これで家にあった謎のコーリンベルトが使える!!」と
大喜びでした。コーリンベルトって、実家の着物たんすに入っていることが多いですけど、意外にちゃんとした使い方を知っていなかったりするんですよね。
いち瑠の基礎科ではコーリンベルトは使いませんが、知識として知っておくのも大事です。

重ね衿と袋帯で華やかに装い、お祝いの心を表せるって素敵ですね。
次回の授業も楽しみです。

上野PS校・北千住校
タカミ

▽▼▽無料体験のお申し込みはこちら▼▽▼

上野プレミアムサロン校
10月生募集中!
10月生 2021年10月27日(水)開校

無料体験受付中
↑↑クリックで申し込みページが開きます

いち瑠 上野PS校・北千住校
【電話】03-5826-4521
【休校日】月曜日・火曜日

 

レッスン

この記事をシェア

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP