きもの便利手帳

靴と同じサイズじゃダメ!? きものの草履のサイズの選び方

きものの草履

きものを着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか?
その考え方は正しくありません。ここでは、草履のサイズやTPOに合わせた選び方などについてご紹介します。

1.草履はかかとがはみ出るくらいがベスト?

草履

草履を選ぶときは、かかとが1~2cmほど草履台(底)からはみ出すくらいの大きさのものを選ぶのがベスト。きものの裾をうっかり踏んでしまうこともありませんし、きもの姿もすっきり見えて、きれいに履くことができます。また、草履の幅にも注目。草履は、足の小指がちょっとはみ出す程度の大きさのものを履くのが美しいとされています。

2.履きなれていない人におすすめのサイズ感は?

おすすめのサイズ感

とはいえ、きものを着慣れていない、草履を履きなれていない人にとっては、かかとがはみ出ている草履で歩くのは歩きにくさや足の痛みを感じさせるもの。そんな人は、かかとがほとんどはみ出ないような大きさのものを選ぶようにするといいでしょう。
しかし、足が痛くなりにくそうだからといってかかとがすっぽり草履台に収まるような大きさのものを選ぶのは、あまりおすすめできません。大きすぎる草履を履くと、着姿がちょっと野暮ったく感じられるからです。

3.かかとの高さは何cmが良いの?

かかとの高さ

草履は、カジュアルに履くときは5cmまでの低めのものを、フォーマルな場で履くときは5cm以上の高めのものをと履くと良いと言われています。その理由はきものの裾の長さと関係があります。きものはフォーマルな場面では裾を長めに、カジュアルに着るときには短めにして着る傾向があります。 そのため、フォーマルな場面では裾が地面につきにくいよう、かかとが高い草履を、そうでないときはかかとが低い草履を履いたほうが良いとされているのです。

とはいえ、カジュアルにきもののおしゃれを楽しむときには、あまりこのような決まりをガチガチに考える必要はありません。裾を長めにして着るのが好きであれば、かかとが高めの草履を履くというように、自分のきものの着方に合わせて選ぶといいでしょう。
また、小柄な人は高めを、長身の人は低めをというように、自分の身長に合わせて決める選び方もあります。悩んだら、お店の人にどんな場面で履きたいかを伝えて相談し、いろいろ履き比べて全体のバランスを考えてみるといいですよ。

4.草履試着時のチェックポイントは?

草履を試着するときには、以下のようなポイントをチェックすることをおすすめします。

・サイズ感(かかとや小指のはみだし加減)
・鼻緒は痛くないか
・クッション性はどうか
・素材は季節感やTPOに合っているか

草履の鼻緒は、きつい方が痛いと思われがちです。しかし、実はそうとはかぎりません。鼻緒がゆるいと履いているうちにどんどん重心が前のほうに行ってしまうため、鼻緒が親指と人差指の間に食い込んできてしまい、痛くなることがあるのです。
鼻緒は、親指と人差指の間でしっかり挟み込むのではなく、それぞれの指の先で軽く挟むようにするのが草履を楽に履くコツ。ですから、鼻緒はきつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいい加減のものを選ぶようにしましょう。
また、草履は素材によってクッション性が違います。慣れないうちは比較的クッション性の高いものを履くと、足が痛くなりにくく、歩いても疲れにくい傾向があります。

草履の素材の季節感やTPOも重要なポイント。わかりにくいときや判断に困ったときは、お店の人に相談してみてください。その時、持っているきものの写真を持参してそれを見ながら選ぶと、よりわかりやすいですよ。

5.鼻緒がきつくて痛くなった時の対処法

鼻緒

鼻緒はゆるすぎてはいけないとお話ししましたが、だからといってきつすぎても足が痛くなってしまいます。そんなときには、鼻緒と台の間に手を入れて、上に持ち上げるようにしてゆっくり引っ張ってみてください。こうするだけで鼻緒は少しゆるみます。鼻緒がきつくて痛いときは試してみてください。

草履を履くときまでに日数があるようであれば、専門店に調整を依頼するという方法もあります。ただし、調整できるのは、草履の裏に鼻緒を通す穴があるものだけです。草履の裏が靴の裏のようになっているのであれば(これを「軽装履き」といいます)調整はできません。軽装履きのときは、鼻緒を持ち上げる方法でゆるめてください。

6.下駄と草履って同じ? 同じサイズで良いの?

下駄と草履

浴衣のときに履く下駄。下駄と草履の違いは、底に歯があるかどうかです。底に歯がなく、なめらかなものが草履。歯があるものが下駄です。
下駄はカジュアルな履物で、基本的に浴衣に合わせ、素足に履きます。綿紅梅などの浴衣をきもの風に着たときに履く人もいますが、やはり基本的には浴衣のときの履物と考えるといいでしょう。また、ホテルやレストランの中には、下駄での利用を不可としているところもあります。改まった場所に行く際には、下駄は避けて草履にしましょう。

下駄のサイズも選び方は草履と同じです。かかとや小指がややはみ出す程度のものを選ぶと、粋な雰囲気で履くことができますよ。

まとめ

草履の選び方について紹介しました。草履選びは難しそうに思えますが、ちゃんと試着して選べば、足にピッタリ合って履きやすく歩きやすいものを見つけることができます。
季節やTPOに合わせていくつか持っておくと、きものを着る楽しみが広がりますよ。ぜひ、お気に入りの一足を見つけてください。

今さら聞けない基本知識きものと小物

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP