きもの便利手帳

帯や帯揚げにシワができてしまったらどうすれば良い?

帯

おきものの大切なパーツである帯。シワがついてしまうと専門店にお手入れを依頼したくなりますね。でも、いつでも着用できるように、大切な帯や帯揚げについてしまったシワを伸ばす、ご自宅でできるお手入れをご紹介します。

1.帯にシワができてしまった場合の対処法は?

帯にシワ

おきものを着用した後、気になるのはおきものの汚れやシワ。帯もほどけないようきつく縛っておくとシワが付きます。体温の湿気で暖められたときに付いたシワは、アイロンをかけてしまったようにしっかりとついてなかなか取れないということもあるでしょう。
帯に着いたシワは、ハンガーに吊るしておくことである程度取ることが可能です。

一番良いのは、着用後に脱ぎたてで体温の温もりが残っているうちに、アイロンなどを使わず手で優しくシワを伸ばすという方法です。
この時に注意したいのは、指や爪で帯の刺繍などをひっかけてしまい、素材を傷めないようにすることです。柔らかい布や大判のハンカチなどを広げて、帯の裏側からシワを伸ばすようにしましょう。帯芯までしっかりと伸ばすことがポイントです。
金糸などを使用している帯は、アイロンを使わずにシワ伸ばしをすることが原則です。

アイロンを使わずにシワ伸ばしをすることが原則

しかし、夏物や箔使いの帯でなければ、当て布をしたうえで帯地の裏からアイロンを当てることができます。
帯のシワを伸ばし終わったなら、風通しの良い場所を選びハンガーにかけて、シミなどの汚れがないか確認し、体温による湿気を取り除きましょう。

収納お役立ち小物

その後、帯をたたみ、たとう紙に包み、重さのある本や百科事典などを重石としてたとう紙の上から置きます。2~3日ぐらいでシワが取れたことを確認し、専用のタンスにしまうことができます。

2.変わり結びはシワができやすい?

おきもののポイントになる帯の結び方には、さまざまな結び方があります。特に、お振袖のとき「変わり結び」で着つけるのは、素敵なきものに華を添えるがごとく、魅力的な帯の演出になります。
ところが、帯をほどいた後やはり気になるのは、たくさんの「シワ」です。 帰宅後に帯をほどいたら、変わり結びのために絞ったところにたくさんのシワができていたということを目にしたことはありませんか。

“ふくら雀結び”“花結び”“蝶文庫結び”

“ふくら雀結び”“花結び”“蝶文庫結び”などはシワができやすく、“立て矢結び”“花流水結び”も折ジワが付きやすい結び方です。
この場合も、着用後の帯のシワは、手で優しく伸ばしてからたとう紙にしまい、重石になる本などを載せておくことが必要です。タンスに保管するときには、引き出しの中の最下部に入れておくのもよいかもしれません。ほかのおきものや帯の重さでシワを伸ばすことにもなります。
お振袖着用時には人気のある変わり結びですが、手の込んだ帯結びには絞りながら結ぶことが必須です。とても魅力があり素敵なアクセントになる帯の結び方ですが、着用後のシワを避けたい場合は、お気に入りの帯の使用は控えるほうが良いのかもしれません。

3.帯揚げのシワ取り方は?

正絹の帯

正絹の帯のシワ同様、帯揚げにもシワがつきます。帯揚げに使用される正絹はとてもデリケートなものですが、帯を固定し形をよくするためにはしっかりと結んで帯枕をサポートします。そのため、シワになりやすい場所もあるのです。
帯揚げに着いたシワは、アイロンをかけることもできますが、必ず裏側に当て布をおいて軽めにあてるようにしましょう。 帯揚げの場合は絞りなども多く、箔使いや刺繍と合わせて絞りの部分にもアイロンを当てないほうが賢明です。

礼装用の帯揚げ

礼装用の帯揚げの場合、淡い色や白などが多く、シワも目立つかもしれません。使用後、収納する前にある程度のシワを取り除き、シミがないことを確認してたたんで保管しましょう。
帯揚げの中心あたりは、帯結び(お太鼓や変わり結び)にかくれますので、アイロンの必要はないかもしれません。同様に、先端から20㎝ほどは帯の中に挟みますので、いくらかのシワが残っていても問題はないかもしれません。きものの脇から帯の前までの見える部分に大きなシワが残らないようにすることが大切です。

まとめ

帯で締めていなければ、おきものの演出そして仕上げになりません。おきものは、帯でしっかりと締め帯揚げで帯を支えることが大切です。おきものを楽しんだ回数分のシワが付くとしても、着用後に優しくお手入れをしてください。

次回も楽しくお召しになられますように…。

 

きもののお手入れ&保管

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP