fbpx

きもの便利手帳

きものは右前? 左前? 絶対忘れない覚え方は?

着物の衿合わせの画像

着物の右前と左前

着物の「右前」とは?

着物は、前合わせが「右前」となるように着るのが正しい着方です。
「右前」「左前」の「前」とは「先」と言う意味。つまり、右前は右を先に合わせ、左前は左を先に合わせる着方を指します。
日本では着物は「右前」で着るのが正解。右側の身頃から先に体に合わせ、その上に左側の見頃を合わせるのが右前の着方です。

着物の「左前」とは?

右前の逆が「左前」。左手で持つ身頃が下前になる(左手で持っている右側の身頃を先に身体に合わせる)着方です。相手から見ると左側の着物が上側になっています。

絶対に忘れない覚え方って?

着物の合わせは右前が正しいとされていますが、着物は頻繁に着用するものではないため、いざ着る段になると忘れてしまっていたり、「右前」という言葉の響きから右側を手前(上側)に合わせると勘違いして「左前」になってしまう…といった失敗も起こりがち。

間違えて恥ずかしい思いをしないよう、着物の「右前」を簡単に思い出せるコツをいくつかご紹介します。

・洋服の逆に合わせる…女性の洋服は左前になっていますから、「着物は洋服の逆に合わせる」と覚えましょう。
・相手から見ると衿元が「y」…右前は相手から見ると「y」の形をしています。衿元を合わせる際には「y」をイメージしましょう。
・着物の柄が鮮やかな方が上側…衿元に柄のある着物は上側の柄が下側の柄より鮮やかなケースが多いため、上にするのはどちらかが分かりやすくなっています。
・右手が衿元に入りやすい…右前だと右手を衿元に入れやすく、衿を直しやすいという特徴があります。

右前・左前について知っておきたいこと

左前で着ることはあるの?

日本では着物は右前で着付けるものであり、左前での着用はタブーとされています。そのため、通常は着物を左前で着ることはありません。

左前の由来って?

着物を唯一「左前」にするのは、亡くなった人に着付ける場合。この時に着せる着物を「経帷子(きょうかたびら)」、または死装束(しにしょうぞく)とも言います。

死装束を左前にする風習には、以下のような複数の由来があります。

・逆さ事(さかさごと)…魔除けのために、普段の習慣と逆のことを行なうという説。逆さ事には「左前」のほか、故人が使用していた布団を夜に干す「夜干し」や、故人の枕元に置く屏風を上下逆にする「逆さ屏風」、湯灌で故人の身体を清める際に冷たい水に温かいお湯を足して水温を調整する「逆さ水」などがあります。

・奪衣婆(だつえば)…仏教の教えにおいて、三途の川を渡るとまず出会うとされているのが奪衣婆です。奪衣婆は故人から衣服をはぎ取って懸衣翁(けんえおう)に渡し、衣服を木の枝に掛けさせ、枝のしなり具合から衣服の重みを測って、生前の盗みについて裁くとされています。左前は、この奪衣婆に衣服を取られないようにするおまじないであるという説があります。

・左前を尊いとする考え方…日本において右前が一般的になったのは、西暦719年の右衽(みぎまえ)の令」以降。これより前には明確な決まりはなかったとされていますが、「高貴な人が左前・その他の人は右前で着ていた時期がある」という説から、故人は神仏に近い尊い存在として死装束を左前にしたとも言われています。

どの説をとるにしても、左前は死装束の着方であることに変わりはありません。「着物は右前での着用がマナー」と覚えておくようにしましょう。

男性の場合はどちら?

洋服では男女の服の合わせ方が異なるため、「着物の合わせ方も男女で異なるのか」と考える人もいるかもしれませんが、和服では男女とも合わせ方は同じ。男性も女性と同様、着物は右前で合わせます。

浴衣と着物はちがう?

旅館や花火大会などで着物より着る機会が多い浴衣。お風呂上りに着る浴衣(よくい)をベースとしており、和服の正装ではないとされている浴衣ですが、合わせ方は着物と同様に右前です。

前合わせを綺麗に着こなすコツって?

着物の前合わせは、着物の下前(自分から見て右側)を少し持ち上げ、背縫いを背中・お尻の真ん中に合わせるのがコツ。長襦袢の合わせ方も同様です。
簡単に手順をご紹介しましょう。

1.着物の下前(自分からみて右側)を少し持ち上げる

下前(右側)を少し持ち上げて裾をやや短くして合わせ、上前(左側)を被せるように合わせます。こうすることで裾から下前が見えず、裾も広がらずに綺麗に着こなせます。

2.背縫いを背中・お尻の真ん中に合わせる

背縫い(背中の中心にある縫い目)が背中の中心を通っていると綺麗に見えます。着物の左右を合わせたら、背縫いが背中・お尻の中心を通っているか確認しましょう。

普段着物を着慣れない方は、「右、左、どっちだったかな?」と迷ってしまうこともあるでしょう。【着物は「右前」、「左前」はNG】【右手が懐に入れられるのが「右前」】と覚えておいてくださいね。

着物の知識と文化、美しい着付けを学ぶなら

きもの着方教室 いち瑠の「きものの基本・着付けを学べる初級コース」は、1レッスン550円(税込)・1回2時間・全8回。9割の生徒さんが着付け初心者からスタートされており、1クラス約5名の少人数制なので、分からないところを一つひとつ確認しながら学ぶことができます。

どんなレッスンなのか気になる…という方のために、いち瑠では着付けの無料体験レッスンを随時開催しています。
無料体験レッスンでは、着物や帯などの持ち物は不要。着物一式を無料でレンタルでき、洋服の上から着付けを体験できます。
いち瑠の教室は、全国に約50か所。あなたのお近くの教室で、ぜひ無料体験をお試しください。

★お近くのいち瑠の教室を調べてみる>>

今さら聞けない基本知識

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP