きもの便利手帳

きものは右前? 左前? 絶対忘れない覚え方は?

前合わせ

きものを着るときに「あれっ!? 右前? 左前?」と考えてしまったことはありませんか。前合わせを間違えてしまうと、大変なことになってしまいます。
ときどきしかきものを着ない人でも正しい前合わせを覚える方法がありますので、ここでご紹介します。

1.きものの右前・左前とは? 左前に着る時ってあるの?

きものの「右前」とは

■きものの「右前」とは?

きものを着るときは、地衿や衿先をもって身体に合わせていきます。その際、着付けるときに下になる右手に持っている身頃が「下前」になり、着付けるとき上になる左手に持っている身頃が「上前」になります。

まとめてみますと…

地衿と衿先に続く、右手に持っている下前を先に合わせる着方が「右前」です。写真や画像で見ると、きものを着用している人の身体側にある身頃が「下前」ということになります。

■「左前」とは? 左前できものを着るのはいつ?

仏教でいう「経帷子(きょうかたびら)」と呼ばれるきもので、亡くなった方に着せるきものの着付けは「左前」で着用します。一般のきものとは、仕立て方も異なる特別の方法で作製されます。
自宅で作ることはなくなったかもしれませんが、鋏で布を裁たず布を引きちぎることや、玉留めも返し縫いもせずに縫うなどの決まりがあります。

「経帷子」の衿の合わせは「左前」になります。もし、普段きものを着るときに間違えて「左前」にしてしまうと、死者に着せた経帷子として死装束になってしまうのです。帯も一般のきものは帯端が巻いた帯に横向きに並行になりますが、経帷子の場合は結び目から出る帯端が縦結びに垂直になるようにします。

■「右前」にするのはきもののマナー

このように「左前」で着用してしまうと死装束になってしまうので、「左前」でのきものの着用はできません。間違えてしまうと恥ずかしい思いをすることにもなるかもしれません。
きものの着付けマナーとして「右前」で着用するのが和装の正式な着付けであることを覚えておきましょう。

2.男女に違いは? 浴衣も同じ?

■男性と女性ではきものの合わせは変わる?

男性のきもの

和装よりも洋服の方が一般的な衣服であるため、洋服において女性の襟合わせと男性の襟合わせが異なることは多くの方がご存じでしょう。そのため、男性のきものの着方も女性と違うのでは?と考えたことはありませんか。

和服の場合は男性も女性も合わせは同じで、男女で左右の合わせ方が変わることはありません。
女性の場合は、いつもの洋服ときもので合わせが逆になるため混乱しやすいと言われますが、男性の場合は洋服も和服も「右側」を先に身体側に合わせるのです。

3.浴衣はきものと同じ合わせ?

浴衣

宿泊先の旅館や夏祭り、花火大会など、場合によってはきものよりも着用する機会が多いかもしれない「浴衣」。「浴衣」は元々湯上がりに着る浴衣(よくい)だったこともあり、正装の和服ではないとされています。そのため、もしかしたら「右前」でなくてもよいのかも?!と考える方もいるかもしれませんね。

しかし、実際にはそんなことはありません。浴衣であっても、和装の一部として「右前」で着用します。和服の習慣のない世代の方でも、浴衣を着る機会はあるかもしれないので、意識して着用してください。

まとめ

普段着慣れない和装には、戸惑ってしまったり「右、左、どっちだったかな?」と考えてしまうこともあるかもしれません。しかし、きもの着用時のマナーの点でもきれいにきものを着こなすためにも、「右前」になるよう着用することはとても大切です。

正装のきものでも浴衣でも、男性女性問わず、正しいきものの着方を覚えて和の雰囲気を楽しみましょう。

 

今さら聞けない基本知識

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP