きもの便利手帳

きものの格はどこで決まる?素材?柄?紋の数?簡単に見分る方法は?

きものの格

きものに付いて回るのが「格」です。きものそのものにも格がありますが、帯や帯揚げ、帯締めといった小物にまで格があり、組み合わせを間違えるとせっかくの装いが台無しになってしまうこともあります。失敗しないきもの姿にするために、きものの格をチェックしてみましょう!

1、きものの格は意外と複雑

きものの格

きものは大きく2つの格に分かれます。礼装、準礼装、略礼装といった冠婚葬祭に使える装いと、外出着、街着、家庭着といった普段着です。 礼装は、五つ紋の入った黒留袖や黒喪服、花嫁衣装の白無垢や打ち掛け、未婚の女性が着る振袖となります。色留袖は、紋がきちんと入っていれば、黒留袖と同格です。 準礼装は、紋の入った色無地、訪問着等です。紋によって格式が変わってきます。 略礼装は、付け下げ。柄の細かい江戸小紋は、紋が入っていれば略礼装扱いです。 紋の入っていない無地や小紋の外出着、紬などは街着、ウールのきものや浴衣は家庭着とも言われ、どれも普段着。楽しんで着るカジュアルなきものです。 紋の数は、きものに慣れない方でも分かりやすいですよね。でも、きものの種類は難しいかも知れません。特に訪問着と付け下げの区別は分かりにくいものです。ポイントは「絵羽模様」です。 まるで1枚の絵のようにデザインされた柄を持っているのが、この「絵羽模様」。襟元や裾に使われてる柄が絵羽模様であれば、格式の上である訪問着と思って大丈夫です。

2、家紋の格の違い

家紋

家紋は、背中心に一つだけある「一つ紋」、さらに両袖にもある「三つ紋」、両胸にもそれぞれあるのが「五つ紋」と呼ばれています。紋の数が多い方が格式が上がり、フォーマルな場所にも着ていけるきものになるのです。 紋にも種類があります。特に黒留袖といった第一礼装の場合は、紋の中をすべて抜いた「日向紋(別名・陽紋)」という一番格上の紋を付けなくてはいけません。 前に二つ、後に三つ、合計五つ紋が付きます。 染め抜きの「陰紋」は、正礼装には使えません。「陽紋」よりも格落ちとなるため、正礼装とは格式が違ってしまうからです。陰紋は準礼装の訪問着や色無地等に付けることが出来ます。 染め抜きの他にあるのが「縫紋」です。華やかな印象がありますが、こちらも正礼装には使えません。準礼装のきものに、社交用として使うとお洒落でしょう。

縫紋

3、「染め」と「織り」のきものの格の違い

きものの帯は、織りの帯が豪華で格式が高いと言われています。染めの帯はシンプルで格下。ところが、きもの本体では、この格式は逆となるのです。要注意! 「染め」と「織り」・・・どんなきものがあるのでしょうか?

織りの帯

「織り染め(先染め)」とも言われる、「結城紬」です。ユネスコの無形文化財になったほど希少価値の高いきもので、その工程は40以上にも及び、手のかかることから、高級品として扱われていますが、きものの格としては「普段着」と言われています。 最近は振袖等フォーマルな作品も発表されていますが、「値段の張るお洒落な普段着」として根強い人気が「結城紬」です。 (画像)

結城紬

美しい色とりどりの華やかな柄、これが「染め(後染め)」のきものの特徴です。留袖、振袖、訪問着といったフォーマルな装いのほとんどが、この「染め」のきものとなります。礼装として使われることからも分かるように、格式は「織り染め」よりも上なのです。

4、柄配置による格の違い

柄配置

絵羽模様が一面に広がる、手の込んだ訪問着。模様もすべて上向きとなっていて、華やかです。フォーマルな席に着られるます。紋をつければさらに格があがります。

反物

雲に春夏秋冬の花の付け下げの反物です。一般的に付け下げは反物の状態で染色するので、反物の形で店頭に並ぶことが多いと言われています。(訪問着や振袖は仮仕立て)略礼装なので、大仰にならないでスマートに着られる付け下げは、幅広く使えて人気です。

江戸褄

留袖は別名「江戸褄」と言います。画像は昭和に流行った「大江戸褄」 本来、留袖の柄は褄(裾の少し上)が中心ですが、「大江戸褄」の柄は、更に後身頃や袖にも続きく、華やかな留袖です。

5、織り方による格の違い

大島紬

鹿児島県にある奄美大島の特産品が大島紬です。鉄分の多い独特の泥で染めた絹糸を縦糸と横糸で交差させて織る「平織り」で作られることが多いですが、美しく光沢のある黒色は、他に例をみることが無く人気があります。 高級品で有名ですが、あくまでも街着。冠婚葬祭に着るのは難しいでしょう。

塩沢紬

新潟県南魚沼市の塩沢地区で昔から作られているのが塩沢紬。「単衣といえば塩沢」と言われるほど、短い期間しか着られない単衣の代表的な品。お召し風で肌触りが良く、お洒落な街着として人気です。

琉球絣

沖縄本島で作られる紬の総称が、琉球絣。手織りの平織り紬です。何といっても、鮮やかな色使いが人気で、夏のお出かけにピッタリの1枚。日に焼けた肌にも似合う、不思議な雰囲気のきものと言えます。

ちりめん

生地の素材である「ちりめん」は、絹の縮み織り物の事を言います。肌触り良くシワになりにくいので着やすいと言われています。帯揚げに使われることも多い素材ですが、帯揚げも綸子の方が格上とされている様です。 とは言っても、最近は人気が上がってきていて、ちりめんを使った礼服も出て着ているとの事。楽しみの素材です。

6、柄による格の違い

繋ぎ

円を繋いで途切れることの無い繋ぎ(つなぎ)の文様は、円満で縁起が良いとされていて、吉祥文様の一つ。また、菱は有職文として伝えられているポピュラーな人気のある文様で、様々なアレンジ形があります。 古典文様は、格調高く華やかで、幅広い年代の方々から愛されているのです。

美しい訪問着

やわらかい黄色のぼかしに季節の花々が散りばめられた、美しい訪問着です。金糸・銀糸を使った帯も、熨斗模様が入っていてきものとの相性もぴったり。気品あふれる格の高いフォーマルな装いと言えるでしょう。

まとめ

きものの格は難しいだけでなく、日々変化もしています。昔は格下と言われたものも、現代では使える・・なんてことも珍しくは無いのです。 少しでも迷ったら、呉服店に出向きプロに確認してみましょう。きっと、安心で素敵なアドバイスが貰えます!

 

憧れのきもの

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • Link

無料体験レッスン
受付中

無料体験予約

教室一覧

PAGE
TOP